装備

【コスパ抜群】VSRにANS Opticalのスコープを付けてみた

先日VSR-10 プロスナイパーを購入しました。

アイアンサイトでも使えますが、遠距離から狙うにはスコープがあった方がいいです。

色々迷った結果、まずは1万円以下で買える入門モデルを購入してみました。

レンズが太い方が見た目がカッコいいと思っていたので、かなり見た目重視的なとこもあります。笑

約7,000円にしては、かなりクオリティ高いと感じています!最初の一本にオススメです。

スコープの選び方

購入前に少しだけ注意点が。

このシリーズ、おんなじおような製品に見えて、実はマウントリングの高さが違います。

スコープの高さを決める部品なんですが、ハイマウントやとゼロインが合わなくなってしまいます。

ローマウントだとスコープの距離が近くなって合わせやすいですが、ボルトハンドルが引きづらくなります。

ちょっと好みの部分もあると思いますが、ミドルマウントが無難かなーというカンジです。

 

ちなみに倍率は3-9倍あれば十分かと思います。

実物用のもありますが、エアガンとは有効射程距離がまったく違います。

エアガンのVSR-10はカスタムして50mくらい、実銃のM700は800mです。

なので、そんなに倍率が高いものを買っても逆にピントが合わないなんてことも起こります。

レビュー

箱の中には本体と説明書、前述のマウントリングと取り付け用の六角レンチと拭くやつが付いています。

製品によってはマウントリングが付いていないんですが、この値段で付属はありがたすぎる。

スコープ本体にはカバー(バトラーキャップ)が付いています。持ち運び中も傷付くおそれがありませんね。

ちょっとこれは残念…最初からマウントリングの上部が傷ついてました…サバゲーで使ってれば汚れるから気にしないけど、メルカリで売りづらくなるので残念…

エアガンへの取り付けは手で、マウントリングの取り付けは付属の六角レンチで行います。

スコープの位置を調整しやすいように、リングはなるべく内側に付けるとよさそう。

それにしてもLaylaxのマウントベースが美しい!

なるべく前の方にスコープを付けたほうがいいです。手前側だとアイレリーフの関係で視界にスコープのフチが映ってしまいます。

真ん中のレバーでゼロイン調整できます。工具は不要なので、ゲーム中の調整もできます。

スコープとコッキングレバーの間は思ったより余裕がありました。ただ、指の引っ掛け方次第では狭いかなというカンジなので、ローマウントにしなくてよかったです。

VSRのバージョンもGスペックなら余裕はありそうですね。(プロスナイパーと違ってここまでコッキングレバーがあがらない)

スコープを覗くとこんなカンジ。自然な明るさで見やすいと感じます。

レティクルは十字で映ります。(ちょっとわかりづらいですね…どうしてもキレイに撮れなかった)

ちなみに我が家のトレーニング場の懸垂台のパッドを大きくしてみました。

付けたらこんなカンジ。シルエットがスナイパー感あっていいですねー。カッコいい!

 

感想

この値段でマウントリングが付いてきて、倍率も変更できるしレンズもクリアでかなりコスパいいです。

ゲームでも問題なく使えそうです。もちろんスナイパーライフルだけでなく、M4とかに付けてもいいでしょう。

個体差でしょうけど、傷があったことだけが残念でなりません…

いずれ高いスコープも買ってみて比較してみようと思います!

装着したVSR-10 プロスナイパーのレビューはこちらからご覧ください!

【レビュー】カッコいいですよね、VSR-10 プロスナイパー東京マルイから販売されているエアコッキングライフル、VSR-10のプロスナイパーバージョンを紹介します。 実銃と違って、電動ガンと...

 

ABOUT ME
Becci
大阪→松本→東京と経て、現在は福岡に在住のサバゲーマーです。趣味の旅とあわせて全国各地でサバゲーをやっています。
サバゲー用品をオトクに買う方法

 

サバゲー用品をオトクに買うなら、楽天市場の利用がオススメです。

ポイントを活用すれば、10%以上オトクに買い物ができます。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。